Oculus Riftレビュー

6月に注文していたOculus Riftが届きましたので少しだけレビュー。

 

DSC_0165_R

 

DSC_0167_R

 

まず、Oculusが入っている箱はダンボール製でした。DK1に比べると安っぽい感じはしますが、別に持ち歩くわけでもないので、これで少しでも安くなるならありだと思います。

 

DSC_0169_R

 

DSC_0170_R

 

外見はDK1より若干スッキリした感じになっています。重さは特に重いと感じるほどではありません。長時間欠けていても、首より先に目が疲れます。

 

ここまで箱を開封してケーブルを接続して、電源を入れたのですが、PC側でOculusを認識してくれませんでした。以下のサイトに書かれているファームウェアのアップデートをしようにも、すでに最新だったので何も出来ず、しばらく色々と設定をいじっていましたが、一度PCを再起動するとあっさり認識されました。これからOuclusを買うという人はトラブルがあったらとりあえずPCの再起動をしてみると解決するかもしれません。

楽しく使う Oculus Rift DK2

 

Oculusを認識するようになったので、色々とアプリを試してみると、DK1の解像度とは大分異なっていることで没入感も上がっているように感じました。ただし、DK2のポジショントラッキングに対応したアプリはそれほど多くないのでこれから数が増えていくことを期待しています。

 

試してみたアプリ(一部)は以下の通り

MikulusDK2

 超有名なアプリ。等身大のミクさんが目の前に現れます。

 

Cyberspace

 遊園地にありそうなグルグル回るやつ。エンターキーで吹っ飛びます。

 

AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaCULUS!!!

 ひたすら落ちていくゲーム。どういうルールなのかよく分かっていません。

 

KaleidoPlayer

 動画プレイヤー。動画を見る時は流石にもう少し解像度が欲しくなります。

 

Oculusを使っていて感じたことは、確かに没入感はありますが、自分の体や腕が映らないことに違和感があります。ジェットコースターのようなものは体が動かないので表示されていますが、Mikulusのように動き回れるものは、やはり体が表示されていないことに大きな違和感があります。なので、LeapMotionやkinectを併用することで更に没入感が得られると思います。

広告を非表示にする