AquesTalkでRaspberry Piに喋らせる

AquesTalkとは音声合成のライブラリで、テキストから音声を生成することが出来ます。日本語にも対応しているので、様々な用途に使えます。

また、個人かつ非営利の場合は無料です。

ダウンロードはこちらから

使い方に関してはこちらで解説されていますが、自分の環境ではtar xzvfでエラーが出たので、代わりにtar xvfを使用しました

解凍すると実行ファイルがあるので、そのままターミナル上で、

 

./AquesTalkPi "こんにちは" | aplay

 

のように打つと、好きな文字列を音声出力する事ができます。

 

更に、このAquesTalkを使って、プログラム上で動的に好きな文字列を入力して喋らせてみました。

 

#include <stdio.h>

#include <stdlib.h>

int main(int argc,char* argv[]){

char input[128],cmd[256];

printf("Enter your name:\n");

scanf("%s",input);

sprintf(cmd,"./AquesTalkPi こんにちは,%s | aplay",input);

system(cmd);

return 0;

}

 

上記のコードをそのままビルドした場合は、実行ファイルをAquesTalkのフォルダに移動する必要があります。

 

./AquesTalkPiの部分にパスを入れた場合、その必要はありません。

 

AquesTalkの機能として、声を変えたり、しゃべる速度を変更したりできるので、上記のソースコードを少し変えて、起動時の引数を利用すれば、その辺りも動的に変更できると思います。

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

広告を非表示にする