読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Raspberry Pi】OpenCVでwebカメラの映像を表示

Raspberry Pi

raspberry piに接続したwebカメラの映像を取得し、表示します。

 

まず、以下のように、opencvをインストールします。

 

apt-get install libopencv-dev

 

更に、opencvを使ったプログラムをビルドする際に、cmakeを使用するため、インストールしておきます。

 

apt-get install cmake

 

webカメラの映像表示プログラム ソースコード

 

#include <stdio.h>

#include <highgui.h>

 

int main(){

CvCapture *videoCapture=cvCreateCameraCapture(0);

 

if(videoCapture==NULL)

return -1;

 

char windowName[]="camera";

cvNamedWindow(windowName,CV_WINDOW_AUTOSIZE);

 

while(cvWaitKey(1)==-1){

IplImage *image=cvQueryFrame(videoCapture);

 

cvShowImage(windowName,image);

}

 

cvReleaseCapture(&videoCapture);

 

cvDestroyWindow(windowName);

 

return 0;

}

ビルドに使用するCMakeLists.txt

cmake_minimum_required(VERSION 2.8)

 

project(webcam_test)

find_package(OpenCV REQUIRED)

add_executable(webcam_test main)

target_link_libraries(webcam_test ${OpenCV_LIBS})

 

ビルドの際は、

cmake .

make

を実行するだけです。

 

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270

広告を非表示にする